広報担当よりお知らせ

  「JGMからの四季の風」は、二十四節気で掲載してまいりましたが、種々の事情により 本年は月刊とさせていただきます。
  なお、掲載日は「佐野SAC Circle-JUVY8」の「8」から、毎月8日といたします。
  今後とも、充実したHPの制作のため、「会員の声」はもとより「HPコーチ」や「掲示板」への積極的な書き込みをお願いします。

Vol.29(2007.1. 8.)
【睦月の八】 「夢」
 
 
あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。
 
 昔から縁起の良い初夢は「1富士、2鷹、3なすび」などといわれていますが、会員の皆様の初夢はどのようなものだったでしょうか。
 2007年、年明け最初の「JGMの四季の風」は夢のある話しで始めます。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 小学校時代、体育を担当していたTという教員が
 「大人になったらどんな人になりたい?」という、ごく当たり前の質問を投げかけた。
 「プロ野球の選手」と私。
 「なれるわけないだろう」とT。
 「じゃあ、陸上の選手」と再び私。
 「無理だよ。兄貴ならなれるけど。」とまたまたTの否定的な言葉。
 クラスの仲間からはクスクスと笑い声。私の眼からこぼれる涙。
  
 しかし、数日後、私は夢中になって画用紙に絵を描いていた。
 三床山(※)の麓に遊園地と野球場、麓から山頂はロープウェィで結び、頂上には展望台、そこから一気に降りる滑り台。
 年輩のSという先生が、
 「将来の夢を絵と作文で表してみよう!」と子どもたちに提案したのである。
 私の心に鬱積したものは見事に取り除かれた。
 
 夢を見ることは楽しきことかな。
 少年の日の夢はどこまでかなえられるのであろうか。
 某鉄道会社が箱根や軽井沢などを開発していったのも一人の人間の子どものような夢から始まったものにちがいない。
 人の心を豊かにする夢は普遍であるが、物質主義としての夢は消え去る運命にある。
 
 今、三床山の麓には「唐沢ゴルフ倶楽部三好コース」や「ゴールド佐野ゴルフクラブ」がある。ゴルフはもちろん、時々サイクリングやジョギングで訪れるが素晴らしいコースである。
 私にとって、ゴルフとは身体を動かしながら行える、おそらく最後の趣味であろう。
 豊かな心が得られるよう取り組まねばならない。まだまだ修行が足りない。
  
 ※三床山…佐野市戸奈良・岩崎・梅園の境界にまたがる海抜約333mの小高い山。別名三好富士と呼ばれ、佐野側から北北西の足尾山系を見ると、最前列にほぼ左右対称の美しい姿の山が見え、その山が三床山と一目でわかる。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 露とをち露ときへにしわが身かな 浪速ことは 夢のまた夢
 
 豊臣秀吉辞世の句である。
 
 昭和39年のNHK大河ドラマは緒方拳主役の太閤記であった。
 その最終回に上記の句が放映されたわけだが、当時中学1年生の私は「夢のまた夢」という表現に強烈な衝撃を受けた。
 
 人間五十年 下天のうちに比ぶれば 夢幻のごとくなり 一たび生を得て滅せぬもののあるべきか(敦盛)
 
 こちらは田楽狭間(桶狭間)の戦いに出陣する前の織田信長が舞った時の句である。
 大学時代に司馬遼太郎著の「国盗り物語」でこの句は知った。
 たかがスポーツの世界かもしれないが、試合に臨むにあたり覚悟を決めるという上で、強い影響を受けた。
 
 以上夢2点である。
 しかし、まだ今回のテーマからは離れている。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 JUVYの立ち上げに際し、広報担当の大豆生田さんから、
「JUVYにとってインパクトの強いキャッチフレーズが必要です。」と持ちかけられた。
 瞬時に、
 「スポーツが好きで スポーツを楽しむあなたに 夢を贈ります。」
 というフレーズが浮かんだ。
 大豆生田さんはすぐさま賛成してくれ、試しにということでホームページのトップに掲載してくれた。私としては気に入っているが、皆さんの考えも聞かなければならない。
 
 正月である。
 初夢を書く。
 子どものような夢かもしれない。
 しかし、出来るかどうかを大人の常識で判断しないで欲しい。
 
 今すぐ出来ること。
 5年後なら実現できそうなこと。
 10年後に社会情勢が変われば出来るかもしれないこと。
 そしてJUVYの理念を引き継ぐ次代の後継者にお願いすること。
 
 夢を見ない子どもが多くなったと言われるが、夢をあきらめてしまった大人もたくさんいるのではないかと思う。
 子どもの心で大人の夢を見てみたい。初夢です。お許し願いたい。
 
 ある朝起きて新聞を見たら、見出しが踊っている。それを見て私の胸のときめきはおさまらない。モチベーションが高まり、次への夢が膨らむ。アドレナリンは絶え間なく出ているようだ。

市内スポーツ施設の指定管理者制度をJUVYが受託し、NPO法人への視界良好!(3月)
  
JUVY主催の市民体力測定データを各種団体が活用開始!(4月)
  
JUVYクラブハウスで日本陸上代表陣が合宿突入!(7月)
  
JUVYトワイライトゲームで真のスプリント王が決定!(9月)

常時スポーツ映画やスポーツ実況中継が見られる「居酒屋JUVY」大繁盛!(10月)
  
JUVY長距離記録会で、箱根駅伝出場選手が自己新続出!(11月)
 
JUVYキッズスポーツスクールへの参加者が100人を越え、指導者の再募集始まる。(12月)

 

 こんな夢は全くの夢ではない。
 むしろ、現実に動き出しているものばかりのような気がする。
 
 夢を本気で実現したいと思えば、その時点で半分は現実に向かって進んでいる。
 

【○○年○○月○○日(○) △△新聞】
 JUVYオンライン・パーソナルトレーナーシステム開局
 
 栃木県佐野市を中心に展開する総合型地域スポーツクラブ「佐野SAC Circle-JUVY8」ではインターネットを活用し、個別のスポーツ・フィットネス需要に応じたシステムを構築した。
 このシステムは、環境や指導者に恵まれないためにスポーツ活動を始めることに足踏みをしたり、スポーツ活動から離れざるをえないスポーツ愛好者はもとより指導者を欲するアスリートへのコーチングサービスが自宅で受けられる。
 JUVY広報担当の大豆生田理事は「このことにより、国内はもちろん世界中のスポーツ愛好家やアスリートに対しての指導を可能にし、JUVYがスポーツ・フィットネス分野の指導における世界的ブランドとして、社会に貢献する可能性がでてきた。」と話している。

【○○年○○月○○日(○) △△新聞
 学校法人JUVY学園設立
 栃木県佐野市を中心に展開する総合型地域スポーツクラブ「佐野SAC Circle-JUVY8」では、教育現場における様々な問題点の解決を図るため、クラブの教育理念をもとに総合的な教育方針を確立、真に健全な人間教育を目指し、幼稚園から大学まで一貫教育を基本とした「学校法人JUVY学園」の設立素案を発表した。
 JUVY学園では文部科学省の定める教育課程の一般方針に基づいたカリキュラムを編成しながら、道徳教育やスポーツ活動を通した健康教育などを取り入れバランスの取れた教育を目指す中で、一貫教育により自立した若者を育むとともに、多くの分野においてリーダーとなり得る優秀な人材を世に送り出すことを目的とした指導体制をとるとしている。
 さらに、学校と家庭が一丸となった教育体制を敷くため、保護者とも密接な連携をとるため、保護者教育プログラムの策定とともに保護者のための教育講話も定期的に実施する。
 現在、少人数学級による行き届いた授業の中で、児童生徒の健全な発育発達状況を緻密に把握し、個に応じた効果的指導体制がとれるよう、別記要項の通り教職員を募集している。
 また、JUVY広報担当の大豆生田理事は「学習環境、スポーツ活動に適した立地条件を満足する場を探していたが、この度、栃木県佐野市○○町内に的を絞り、年代によっては全寮制も視野に入れた教育施設の建設に着手する」と発表した。
 

 会員の皆さん、「いつの日か」の思いを継続し、夢を現実に変えて見せましょう。
 中国では枯れ木に花を咲かす花咲爺さんのことを「花神」といいます。
 
 あなた自身のために、あなたと共に生きる人のために、「花神」になっているあなたを見ました。それが私の初夢でした。
 
 今年も素晴らしいエネルギーを出し合いましょう。
 
 
  
Vol.1 JUVY 創 設
Vol.2 理想の指導者とは
Vol.3 素晴らしき指導者
Vol.4 回顧・2005年
Vol.5 新春は箱根と共に
Vol.6 凛として颯爽と
Vol.7 眼のつけどころ
Vol.8 視点・感点
Vol.9 思い出に残る一言
Vol.10 新たなる旅立
Vol.11 JUVY誕生
Vol.12 春のスポーツシーズン到来
Vol.13 指導者としての実践力とは
Vol.14 ジュニアとシニア・その1
Vol.15 ジュニアとシニア・その2
Vol.16 わたしなりに言いたいことを…
Vol.17 「眼に見えない力」
Vol.18 「朱夏の熱き闘い・インターハイ その1」
Vol.19 「朱夏の熱き闘い・インターハイ その2」
Vol.20 「トーナメント・有限と無限の交差点」
Vol.21 「定石とひらめき」
Vol.22「合同練習会」
Vol.23「国民体育大会」
Vol.24「心・技・体」
Vol.25「再興」
Vol.26「神在り月」
Vol.27「修行」
Vol.28「言霊」
Vol.29「夢」

Circle-JUVY General Manager OKUZAWA Yasuo

Copyright(C) 2006 SANO SAC Circle-JUVY8 All Rights Reserved.